ワーキングハハ(ただし育休中)

ほぼほぼ育児の話、時々仕事の話

次男ワカが誕生しました

予定日より2日早いゴーヤの日、次男ワカを出産いたしました。


f:id:wa-haha:20180509182054j:image

 

写真は今日のものですが、見てください、この新生児とは思えないふくふく感(笑)。

3722g、52cmという予想通りのビッグベビー。

長男アオもそこそこ大きかったのですが、ワカはもっと大きかった…。

 

最後の健診で想定外の診断

月曜日、最後の健診にて。

主治医「あのねぇ、臍の緒が3回首に巻きついてるんだよね。先週までは2回だったし、2回までは割とよくあることなんだけど、3回になるとさすがに心配だから誘発分娩にして、もしもの場合はに帝王切開に切り替えますね。明日だったらできるから、今日入院できる?」

と言われました。

 

誘発分娩はアオの時もやったんで、今回はできれば避けたかったのだけど、背に腹は代えられない。

ということで、一度自宅に荷物を取りに戻り、直前までLINEしていたママ友が送ってくれるというので、お言葉に甘えて車で産院まで送ってもらいました。

 

ゴーヤの日、誘発分娩

錠剤を1時間おきに3錠飲み、そこから点滴で陣痛を起こします。

産院は違えどアオの時と全く同じやり方だったので、ここまでは余裕こいてました。

ただ、今回は点滴で陣痛が強くなってからも出口が固くて、かなりの時間いきみ逃しに費やしたもんでもういきむ頃にはヘロヘロに。(と言っても前回比2時間プラスぐらいなんですが)

「もうこれ麻酔かけて帝王切開にしたい…。」

と何度思ったか。

そんなこんなで最後の力を振り絞っていきみ、普通にするっとワカが出てきました。

 

問題の臍帯はどうだったかと言いますと、臍帯にしては規格外のデカさと長さだったため、何も問題ありませんでした。

臍帯って普通は50~60cmぐらいらしいのですが、明らかに1mはありました。間違いない。(太さも平均の2cmはゆうに超えてたと思う)

イッテQとかでよく見るデカめの蛇を見てるようでした。

…そりゃすくすく育つはずだ。

 

懸念事項だった産後の弛緩出血

前回の出産で2800mlの出血から輸血を経験した私ですが、今回は半分以下の1300mlで済みました。 (十分大量出血なので、結局昨日はMFICUに格納されていましたが。)

弛緩出血は貧血の人がなりやすいので、これに関しては最初から覚悟はしておりました。

(なので、周産期母子センターがある病院を始めから選びました。)

ただ、今朝の貧血チェックで輸血は免れたので万々歳です。

点滴のルートが外れた時の解放感はたまりません。

 

というわけで、今はすっかり元通り。

産後のコンディションは今回の方が格段によいです。

 

第2子の余裕?

弛緩出血の影響で母子同室は明日から。 

に加え、今回は自宅近くの産院にいる。

そしてワカは会うと寝てばかりでちっとも泣かない。

その上授乳するといい飲みっぷり。

 

ということで、産後とは思えないぐらいゆとりがありすぎて戸惑っています。

アオの時はメンタルがヤバくて入院中涙が止まらなかったのですが、今回は全くその気配がありません。

第2子故の余裕なのか、ワカの性質によるものなのか…明日からの母子同室がどうなるかドキドキです。

 

持っていってよかったもの

とろろさんの記事を参考にして、S字フックを持って行きましたが、本当に重宝します、これ。

ベッドガードにS字フックを引っかけ、そこに手提げをぶら下げています。

手提げには貴重品などを入れて売店に行ったり、すぐに取り出したいものをしまっておいたりと色んな使い方をしています。

 

あとはめぐリズム。

これで強制リラックスモードに移行するようにしています。産後は目を休めた方がいいと言いますし。

明日まで夫が産休で休みなので、明日はメディキュットでも持ってきてもらおうかしらと考えています。

 

おわりに

一筋縄ではいかないお産ではあったものの、前回のお産のフィードバックのおかげか、とても快適な産後を過ごせています。

 

ワカの育児に関しては明日からが本番なので、今日は全力で爆睡しにかかって明日に備えます。

 

本当に無事に出産できてよかったです。

支えてくださった周りの方々に感謝感謝です。