読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーハハの雑感

どこにでもいる普通のワーキング母ちゃんです。

はらぺこあおむし&友人の勤務形態の話

はらぺこあおむしを買いました

ごくたまにですが、夫が息子を見ていてくれて一人で羽を伸ばせる日があります。

当然ですが、そんな日は本屋でゆっくりする時間があるので、ついつい本屋に寄ってしまいます。

本屋に寄る習慣がついてからは、おひとり様の日は息子への絵本を買うという謎のマイルールが出来上がりました。

そして、昨日はおひとり様の日。

2歳目前ですが、今回ははらぺこあおむしを買いました。

はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版

はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版

 

というのもですね、友人宅や調剤薬局はらぺこあおむしを見かけるたびに、延々「あおむし!!読んで~!!」を繰り返し、ギュッと離さず握るわけです…。

特に薬局で毎回これをやられるとしんどいなぁと思い、いっそのこと買ってしまおうと。

はらぺこあおむしってすごくメジャーな絵本という認識があり、産まれてすぐに買ったり頂いたりというイメージが強く、何か今更感もあるし…どうせ買っちゃうなら特別版にしちゃえ!!という理由で、特別版を選びました。

昨日はEPOSカードで10%OFFだったのが、背中を押したかもしれない(笑)。

Amazonより安く買えるなんてこと、ほとんどないですよ。

 

本人としても念願だったのか、朝起きた直後も寝る直前も「あおむしピカピカ(特別版の装丁の事を言っている)読んで!!」と、リクエストが止みません。

保育園で頻繁に読む絵本は勿体ないからと買わないようにしていたんですが、ちょっと考えを改める必要があるかな…と考え中です。

 

友人が勤務形態を変えたらしい

で、そのはらぺこあおむしが好きな友人夫妻(主に夫くん)の話。

先日友人宅へ訪問し、ちょろっと仕事の話になりました。

友人夫妻の夫がサークルの同期、妻がサークルの後輩で、二人とも働いています。

(子どもはうちより1ヶ月お姉さんなのでほぼ一緒。)

夫くんは誰もが知っている企業で多分総務的な仕事をしています。(あまり深くは聞いていないので、実際は違うかもしれない)

妻ちゃんはフルタイムで化学系の仕事をしています。

ある日から夫くんが会社の許可を得て、週1在宅勤務できるようにしていると言っていました。

在宅とはいえ仕事ではあるので、当然その日も娘ちゃんを預けてはいるけど、お迎えは早めに行って、晩ご飯の用意もしているそうです。

大企業も企業の性格によるんでしょうけど、自分が今までお世話になった大企業の会社は、セキュリティとかで簡単に在宅仕事させてもらえるような環境ではなさそうなので、この話を聞いて単純にすごいな~と思いました。よく許可が下りたな…と。

もうちょっと深く突っ込めばよかったと若干後悔しています(笑)。

妻ちゃんはその1日でだいぶ助かっていると言っていました。

そうだよな~、帰宅後は何かとバタバタするものね。

夫くんはこう、あからさまに娘にメロメロという性格ではないですが、家族のためにこういう申し出をするなんて、やっぱり家族を大事にしているんだなぁと思いました。(自分のためってのも多分にあるんでしょうけど。)

結構申し出るのって勇気要ると思うんですよね。色々とクリアしなければいけない条件もあるだろうし。

在宅勤務をしたいなんて申し出、私には多分できない(笑)。

 

友人の在宅勤務ゲットまでの話とか、日経DUALとかだと結構読まれるんじゃないのかなと思いました。(中には物議を醸しているエントリなどありますけど)

 

夫にそうしてほしいとはさすがに思ってませんし、こんな男性が増えればいいのに…と強く思っているわけではありません。

強くは思わないけど、こういう選択肢が増えると、今よりちょっとゆとりができる家庭は増えるんじゃないかな~とは思いました。

今度友人夫妻に会ったときはもう少し詳しく聞いてみようと思います。